月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 太氣拳・松井欧時朗先生の立禅パワーを手に入れるDVD【トライポッドメソッド】が好評発売中です。

秘伝トピックス

太氣拳・松井欧時朗先生の立禅パワーを手に入れるDVD【トライポッドメソッド】が好評発売中です。

特別記事 身体操作/療術

中国武術に伝わる「弾力のある身体」の作り方。
武術だけではなく、スポーツにも多いに役立ちます。

th_BZK1Da(740.jpg「立禅は、他流にはあまりみられない、腕を上げて静かに立ち続けるだけの稽古法です」。拳聖・澤井健一先生が創始した拳法・太氣拳の基本稽古をこう説明する松井欧時朗先生(太氣至誠拳法武禅会代表)。

太氣拳は、中国武術・意拳をもとにした激しい組手稽古で著名な拳法。立禅は、そのパワー作りの基といわれます。そして「静かさ」から「激しさ」を生み出すという独特の方法論から、他流派の修行者も関心をよせる訓練法です。

このパワーは「弾力のある身体に備わる力」「地面の力を借りることで発揮される力」であり、一言でまとめると「ゴムまり(バランス)の力」であると松井先生は説明します。

そして立禅という稽古のエッセンスを、誰にでも体感・養成できるトレーニングとして作られたのが「トライポッドメソッド」です。

トライポッドとは「三脚」という意味。地面につく「2点の足裏」と対象(相手、ボールなど)との「1点の接触部」を言い表し、これら3点の最適な接触状態が「ゴムまり(バランス)の力」を生み出すとします。

この最適な接触状態としてキーワードになるのが「もたれて、もたれず(全方向の力)」。

例えばトレーニングの一番目となる「正面押し」では、まず、相手の両手に自分の体を預けます。その状態からどんどん足を引き、完全に相手にもたれます。

この「もたれた」状態を維持しつつ、今度は、徐々に足を戻していき、立ちます。すると相手に対して「もたれて、もたれない」状態となり、武術的には「強固」で「パワフル」に動ける態勢となっています。

そしてこの状態は武術だけではなく、サッカーやラグビーなど激しいコンタクトに必須の「当たり負けしない体」、また野球やゴルフ、テニスなど対象に確実に力を伝えることが大切な「ヒッティング」にも通じます。

以上のようにトライポットメソッドは「武術が長い年月を通して培ってきた【肉体の知恵】」を、幅い広い分野の方に活用してもらえる内容となっています。


DVD◎【トライポッドメソッド】重力を味方につける驚異の3点法
指導/監修◎松井欧時朗 まつい おうじろう
DVD紹介映像◎達人に至る立禅パワー【トライポッドメソッド】
指導映像◎立禅パワー養成ワーク【正面押し】を初公開
関連書籍◎重力を使う【立禅パワー】

BZK_1D4a.jpgBZK_1D4b.jpgBZK_1D4c.jpgBZK_1D4d.jpg

  • SP:SHOPキャンペーン$
  • SP:BUDO JAPAN$

BOOK

道場「経営」入門

こんな本が欲しかった!
“自分の道場が持てる”本!!

武術の○△□(まるさんかくしかく)

世の哲理を識り、身を護る。
“言葉を超えた” 極意を学ぶ!

DVD

呼吸の道場

呼吸で快適な空間を作り出す!?
幻の技術・ツンモも初公開!

天然理心流入門 剣術・居合編 下巻

柔術的要素の濃い『目録』「小具足」
対人稽古に重きをなす『中極意目録』「居合」、
さらに『免許』「無刀入身の位」を公開!

武術稽古の精髄

稽古仲間と切磋琢磨する!
達人考案の効果的訓練法