月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 現代的【忍びの訓練法】。柔兵衛と佐助で指導するDVD【忍者になる!】が好評発売中です。

秘伝トピックス

現代的【忍びの訓練法】。柔兵衛と佐助で指導するDVD【忍者になる!】が好評発売中です。

特別記事 忍術/護身術 身体操作/療術

忍者全国チャンピオンを輩出した四季の森忍術道場。
その「現代に活かす心身トレーニング法」を公開します。

th_NIN1Da1.jpg四季の森忍術道場は、全日本手裏剣打大会の活躍で有名になった現代の忍者・弥圓佐助さんが所属する道場。その師は、佐輔さんより以前の手裏剣大会で活躍した池辺柔兵衛先生です。

「忍者とは争いに勝つことを目的としません。敵地・戦場という困難な状況下で、正しい情報を掴み、天地人の全てを利用して、生きて帰ることを目的としています」(池辺先生)。

この哲学を根底に各種武術と川上仁一宗師家伝の忍術を基に池辺先生が創始した忍び武芸が、今回DVDで紹介する「大和體道」です。個々の格闘技術の修得ではなく、それ以前の心身の養成(力まない心と体、ぶつかり合わない心と体、動じることのない心と体)が今回の指導の主体となります。

例えば「上げ手の訓練」。これは大東流合気柔術の稽古で著名な合気上げ的稽古です。特徴は、骨格や筋肉などの「身体操作」修得を主目的としないこと。自分の体の中の気の流れを見つめる「内観」をキーワードに「消えている所」で動くことが訓練の中身となります。

ポイントは「眼球の中に意識を引き、そこから下を眺める」こと。そうすると「気の流れが弱い部分(消えている所)」が分かり、上手くいくと両手で抑え込まれた片手も持ち上げることができます。ちなみに消えやすい主な部分は内側(陰)であり「脇の下、鼠径部、水月」とのこと。

このようにパワー・スピード、運動神経を鍛えるのでなく、誰もが持っている心身の感性を引き出していくのが池辺流忍び武芸。「様々なトラブルに直面しても生き抜く力」を養い方にオススメ出来る内容となっています。


NIN_1D4a.jpgNIN_1D4b.jpgNIN_1D4c.jpgNIN_1D4d.jpg


DVD◎【忍者になる!】心身能力を引き出す術
指導/監修◎池辺柔兵衛 いけべ じゅうべえ
出演◎弥圓佐助 やえん さすけ
関連映像◎DVD【忍者になる!】紹介映像
関連映像◎【忍者の頂上決戦】演武映像
関連映像◎【消えている所で動く術】指導映像



  • SP:BUDO JAPAN$
  • SP:電子書籍$

BOOK

沖縄空手の超接近技法

伝説の実戦名人・本部朝基(もとぶちょうき)の型動作から、“本来”の戦術を学ぶ!!

カラダの意外な見方・考え方

運動上達のコペ転!
知ればON 知らねば0FF 意外な上達スイッチ!

DVD

無外流居合入門【下巻】

新選組最強と謳われた斎藤一が修めた
“実戦の本質”を習得する!

動きの天才になるDVD

常識の殻をやぶる
誰にでも出来る運動センスの高め方

護身の空手

少林寺流錬心舘今井道場
合気の崩しと歯車の威力