月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 合理性を追究した身体の芸術。金山孝之先生のDVD【古武術は美しい】が好評発売中。

秘伝トピックス

合理性を追究した身体の芸術。金山孝之先生のDVD【古武術は美しい】が好評発売中。

特別記事 剣術/居合/刀剣 古武術/伝統武器術

剣術、杖術、抜刀術、体術などの「美しさ」。
それは、表裏が一体となった「理に適った動き」からきています。

th_KNY_2Da(589.jpg「『表』とは目に見えやすい部分、『裏』とは目に見えにくい部分のことです」。古武術の技をこのように説明する金山孝之先生。そして稽古では特に「裏の働き・動き」に意識を置くことが上達のポイントです。

例えば剣を扱う時、速く振ることだけに囚われると、前腕や肩に不必要な力みが生じ、刃筋がブレた遅い斬りになります。この時に必要なのは、剣の力を最大限に引き出すための「手の内」と「膝の抜き」です。

「裏の動き」とは、この「手の操作」と「脚の操作」です。そして「振る」という「表の動き」と最適なバランスを取ることで、剣と体は最も理屈に適った動きになります。これが、見る者へは「美しさ」として伝わります。

また、表裏の一体は武術の「速さ」にも通じます。細部(裏)まで意識を渡らせていくことで動きの「滞り」がなくなり、相手にとっては「動きの切れ目」が捉えにくい(反応しにくい)技となるのです。

そして、細部まで精確な技に「実(意識)」が加わることで「迫力」となり、相手を圧倒する技となります。

これらの武術観を基に、剣術、杖術、抜刀術、体術のポイントを丁寧に解説。古武術の理論・体の使い方に興味を持つ方にお勧めのDVDとなっています。



DVD
表裏一体の技【古武術は美しい】
指導/監修 金山孝之(金山剣術稽古会主宰 松聲館技法研究員)

関連記事 2020年【月刊秘伝】8月号
関連動画1 身体の芸術【美しい古武術】の紹介
関連動画2 杖術【流転落とし打ち】の指導映像

関連DVD
剣・杖の実践的な体使い【古武術は速い】

KNY_2D4a.jpgKNY_2D4b.jpgKNY_2D4c.jpgKNY_2D4d.jpg

  • SP:BUDO JAPAN$
  • SP:電子書籍$

BOOK

「動き」の天才になる!

力みなく、エネルギーを通す、
最大効率の身体動作を学ぶ

柔らかい空手

水のごとき“柔らかさ”!
水風船のごとき全身連動!!

DVD

首里手・泊手のナイハンチ

那覇手剛柔流空手で解く【首里手・泊手のナイハンチ】
実戦の勇・本部朝基に見る沖縄空手の超接近技法

古武術は美しい

表裏が一体となった技
合理性を追究した、身体の芸術を身につける