古今東西の武道・武術・身体術理を追求する方のための総合情報サイト

Learn Japanese martial arts "WEB HIDEN"
Twitter facebook
月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 一挙公開!「最強マンガ大賞2017」読者コメント一覧(Part2)

秘伝トピックス

一挙公開!「最強マンガ大賞2017」読者コメント一覧(Part2)

特別記事 中国武術 剣術/居合/刀剣 古武術/伝統武器術 合気武術 忍術/護身術 柔術/体術 現代武道 空手/拳法

「最強マンガ大賞2017」読者コメント一挙大公開(Part2)!
"強さ"に憧れた者たちの熱きコメントの数々をご覧じろ!!


「最強マンガ大賞」へのたくさんのご応募、誠にありがとうございました。投票結果の詳細につきましては、本誌17年12月号の特集にて紹介していますが、ここでは読者の皆様から寄せられた全コメント365件を5回に分け大公開! 今回はその第2回目。
──「最強の理由」なんて、読者と作品の数だけあってよいのだ!!
※Part1はこちらから。Part3以降につきましても、近日中に順次公開予定(表示は投稿順です)。


◎武道の「理」を虚構でも事実でもひとつのロジックとして成立させられるかが問題。(40代・男性)

◎零式防衛術を果たして武道・武術と呼んでいいのか疑問だが、とにかくよし!(20代・男性)

◎・「帯をギュッとね!」
 子供時分に、真面目にスポーツ(武道)の醍醐味を教えて貰った。
 今思い返すと、凄く丁寧に描かれた柔道部活漫画ではないかと。
・「シグルイ」
 虎眼流の内弟子らの、
 剣のみならず体術の強さに魅せられ、
 体術も武器技も出来ないと、と思わされ、
 岩間スタイルの合気道に入門する切っ掛けとなった。
・「軍鶏」
 争いが生々しい。 
 合気道をする切っ掛けの一つが、
 劇中に登場する八紘流の神技。
 終わり方はちょっと残念ではあるが、ある意味「らしい」幕引き。
 空手の強さを知れる漫画、とも思う。
・「喧嘩稼業」
 今、一番熱いと思う格闘漫画。
 読み手のテンションの上げ方が秀逸。
・「柳生連也武芸帖」
 在りし日の剣術、侍らの技・術の凄まじさを教えてくれる漫画。(30代・男性)

◎「空手小公子 小日向海流」読むたびに大学時代の合気道部や初めて出たMMAの試合を思い出します。今でもMMAの練習前に読んで気持ちをあげます。(20代・男性)

◎修羅の刻:負ける役割を背負わせているにも関わらず、歴史上の偉大な修羅たちの格好良さを余すことなく描ききっている、いつ読んでも熱くなれる怪作。
しっぷうどとう:剣道現役だった頃と近い次期で唯一と言ってもいい、真正面から剣道を描いた漫画。それだけでもう、とてつもなく大きな存在でした。(30代・男性)

◎「拳児」松田先生の武術人生のリアルさとロマンが適切に混ざって生まれた名作!(30代・男性)

◎「柔道部物語」は、とにかく素晴らしい作品でした。技の描写の正確性、悪役の存在感、当時の柔道部の雰囲気、そこかしこにちりばめられた一発ギャクなど、とにかくすべてが出色の出来!これを超える格闘技漫画はおそらく出てきません。今も常に座右に蔵する名著です!
 「オールラウンダー廻」。平成フタケタに描かれた格闘技漫画で最も出色の出来栄えです。個性的かつ美しい女性キャラが、作品にまた花を添えました(;''∀'')。
 「柔侠伝」は、「昭和柔侠伝」と並び名作...というより、バロン吉元の作品は、飄々とした中に深い作品性があり好きなのです。「どん亀野郎」とかそうですが。
 「KIMURA」は、あまりにも有名な原作を、あこがれの原田先生による再現性に敬意を表して、「空手バカ一代」は古典としてそれぞれ、票を投じました。
 部外票として投じた「レッスル青梅線」とは、平成7年ころ、ヤンサンに連載されていた、笠原倫先生のレスリング漫画です。たしか、単行本1巻で終わっていたのですが、これはもっと続けるべき名作であり、これを打ち切りにした天罰で、ヤンサンが滅びたと私は今でもまじめに信じています。(40代・男性)

◎「喧嘩商売・喧嘩稼業」格闘技初心者が智力で各格闘技の頂に立つ強者を攻略する。格闘技へのアンチテーゼだと思います。格闘技への取材もしっかりされておられ非常におもしろいです!身体的にも実戦経験も乏しい主人公が毎回卑怯でえっ!?と思える方法で勝利するのが魅力です(^^)(20代・男性)

◎見事にジャンルバラバラだし、やっていた空手をやるきっかけではありませんが、気持ちが重なる所があったように思えます。(40代・女性)

◎本宮ひろ志先生の「姿三四郎」。短編ながら、場面のひとつひとつが、鮮明に蘇ってきます。姿が迷い、治五郎も迷い、4天王も迷い、古流柔術家達も迷う。その答えはなく、姿が講道館を去るシーンで完結。私も柔道部だった高校時代から、今まで、最強の自然体を目指して、稽古しております。迷いながら・・・。(40代・男性)

◎「CUFFS ?傷だらけの地図」カフスは武道武術マンガと言うよりは武術アクション映画の動きを取り入れたマンガですが、その表現が上手くて面白いです。(30代・男性)

◎マニアックな関節王までカバーされてて、満足( ̄▽ ̄;)(40代・男性)

◎歴史と絡ませた作品が好きです。(30代・男性)

◎特に拳児が好きです。拳法に対する愛が感じられます。(40代・男性)

◎「セイバーキャッツ」文化的、伝統芸能的側面を含めた中国武術の価値がバランスよく説明され、また武術マンガの主人公とは言い難いインテリ風青年は、武術を通して強さ以上に高い智恵を得る器を広げていくことにこれまでにない質の「主人公への憧れ」を抱かせてくれる作品です。何度と読み返したくなります。(30代・男性)

◎ツマヌダ格闘街は理論的にも相当しっかりした漫画だったので大変参考になりました。(20代・男性)

◎ホーリーランドはリアリティがあり、空手を始めるきっかけになった作品。加齢とともに肉体的限界を感じると、バカボンドや刃牙道等、精神(意識)の技術へと興味を持つようになりました。(30代・男性)

◎今現在連載されている作品の中では『喧嘩稼業』がぶっちぎりです。ロジカルな戦いの中で繰り出される武術の技の数々は勿論熱くなれますが、「あらかじめ参加者全員のキャラを立ててからトーナメントを開催する」という過去に例の無い漫画の中の格闘技トーナメントをやっているところが凄過ぎます。(30代・男性)

◎なんと言っても拳児が好きでした。縁あって沢山の師や武術に出合いながらも技の表面だけのコレクターに陥らず、八極拳をベースにしっかりと武術の本筋を学んで蓄積していくところに憧れました。(40代・男性)

◎拳児を読んで、感銘を受けて、実際に学生時代に少林寺に修行に行きました。名作です。(30代・男性)

◎「六三四の剣」息子が剣道しているもので・・・(40代・女性)

◎「男組」今でこそメジャーになった陳式太極拳を知るきっかけとなった漫画。習いたくとも当時はまだ教室など日本のどこにもありませんでした。(50代・男性)

◎修羅の刻の土方の鬼、秘券伝キラの覇王デイで絶対正中線崩さないことえの驚愕、バカボンドの虚脱からのヌッターンの一撃は今でも追い求めています。(40代・男性)

◎「喧嘩商売・喧嘩稼業」今世界で一番面白いマンガ!!(20代・男性)

◎古武道(剣術、柔術)は縁があって長く続けてますが、実は最近オールラウンダー廻にはまって、総合格闘技系のジムに行くようになってしまいました。(30代・男性)

◎梶原一騎世代。最近の格闘マンガは
 (1)トンデモ技術論で秘技、必殺技のオンパレード
 (2)逆にリアリティ追求しすぎで技術やルールの蘊蓄の解説と平凡な主人公の日常生活だけ  
で引き込まれるものがない。結果的に昔のマンガばかり選んでしまった。(50代・男性)

◎大東流の存在を知ったは「拳児」でした。大学のあった町にたまたま道場があり入門。今はもっぱら一人稽古を続けています。
「修羅の門」はもちろんですが修羅の刻が好きでした。同じシリーズで投票するのもなんなので、修羅の門とコータローまかりとおるを天秤にかけやはり修羅の門に投票します。
「刃牙シリーズ」は外せない。私の中でベストマッチは渋川剛気vs愚地独歩です。
「ツマヌダ格闘街」は豆知識的な部分が武道をやってない人にも分かるように説明されている部分がすごい。(40代・男性)

◎今現在だと喧嘩稼業とタフの龍を継ぐ男を愛読中です。(30代・女性)

◎「六三四の剣」は剣道漫画のバイブルですが、実は六三四が居合を抜いているシーンもあり、ニヤリとさせられます。(30代・男性)

◎「鉄拳チンミ」攻防の所作が滑らかで、且つ迫力が凄い! 映画を見ているみたい(30代・女性)

◎「満腹ボクサー徳川」減量ではなく増量の大変さを描く異色のボクシング漫画です。(30代・男性)

◎どの作品も日々を生きる糧になっております。ありがたい。(40代・男性)

◎最近の武術を題材とした漫画には、良いモチベーションの獲得や自身の開放や成長をテーマに置いた物も多く、すっきりした気持ちでまたやろう、と思う事が出来ますよ!(30代・男性)

◎企画の事を聞いたとき、最初に思い出したのは「拳児」だった。でも並んでいる作品を見ると思った以上に読んだことがある作品が並んでいる。5つじゃ足りない!(40代・男性)

◎「修羅の門」陸奥圓明流の虎砲を練習した人は多いはず!(40代・男性)

◎「喧嘩商売・喧嘩稼業」現在最強の格闘技が何かは決まっていないが、最強の格闘漫画はこれに決まっている。(40代・男性)

◎梶原一騎の前に梶原一騎なく、梶原一騎のあとに梶原一騎なし。(50代・男性)

◎直接修行に関係ないキツい鍛錬を続けていたらいつの間にか体が頑丈になって強くなっていた、ということに関して意外と『ドラゴンボール』による影響が自分に入っていると感じたので入れさせていただきました。
『虹色のトロツキー』は植芝盛平が出ていること、社会的な運動と武道武術の結びつき、あるいは武道武術と世相の関係性を意識するようになった作品なので加えました。(40代・男性)
◎「喧嘩稼業」間違いなく今一番熱い格闘技漫画!策略戦から、力対力の正面からのぶつかり合いまで「これは同じ漫画なのか?」と読者を驚かせてくれる。(30代・女性)

◎竹刀短し〜 示現流の秘剣使いが、ある執着のためにもう一対の秘剣使いと相対するまでの物語。おおよそ一合で終わる対決にすべてを振り絞って望む様がとてもすごい。(30代・男性)

◎カムイ伝から教科書やマスコミから得られないリアルな貧富の人間の生き様を知りました。(40代・男性)

◎ホーリーランド リングの上で勝てる技術は必ずしもリング以外では通用しない事を作品として書いてあったので、自分の固定観念を崩してくれた作品。(30代・男性)

◎『関節王』のインパクトには『拳児』も『セイバーキャッツ』もかなわない。「いくぞ震月」とかついついマネしてしまう(笑)(40代・男性)

◎若干のリアルさがあればぶっ飛んだお話でもモチベーションが上がりました。(50代・男性)

◎最近読んでいないので、また読みたい!(50代・男性)

◎「喧嘩稼業」だけは、斬新な戦闘法、戦略的視点という点で影響を受けたけれども、それ以外は、どちらかというと人間の感情や意思、価値観、生き様といった内面の強さと美しさに感銘を受けた。特に「エアマスター」は結構、胸が熱くなって、ああ、こういう生き方もあるんだな、と価値観を揺さぶられた。(20代・男性)

◎「柔道部物語」は今でも「部活漫画」の金字塔だと思っています。とにかく描写がリアル。(20代・男性)

◎『ジョー』と『元気』の対比、『柔道部物語』のドラマチックな構成、いろいろとやる気にさせてくれました!(40代・男性)

◎中学生の時に強い奴にやられても、やり返せない自分が悔しくて...『少年マガジン』に連載の『空手バカ一代』のページの広告『マス大山空手スクール』に目が止まり通信教育で極真の道に!。いつか俺も芦原英幸の様に『空手バカ一代』に登場するぞ!と思っていたので、最終回が残念でした。(50代・男性)

◎「熱風KIDS」と「修羅の門(第一部)」は,学生当時、発売日の朝3時頃に良く購入しにいくほど好きでした。読んでいてとても熱く感じたものです。この2つは今でも多々読み返しています。喧嘩稼業はまさに今連載中で、作者の体調不良もありなかなか読めないですが、掲載される号はとても楽しみにしています。他の作品をチェックできないので、修羅の刻は修羅の門と同一作品とみなしました。喧嘩商売と喧嘩稼業も同様ですよね。(40代・男性)

◎「ツマヌダ格闘街」格闘漫画ではありますが、日常生活での様々なコツを学べるすごい漫画です! あとドラエさんがかわいい(30代・男性)

◎古い武術というものが、精神性だけのものではなく当時の合理的な技術であるということを思い知りました。(30代・男性)

◎「秘拳伝キラ」古流空手の恐ろしさに触れた作品。古流の家系に生まれついたけど、そのしがらみに負けずに自分は好きにケンカがしたいだけ、という主人公のスタンスが好きです。(30代・男性)

◎投票した中で一番いいのが「ツマヌダ格闘街」。体さばきの説明が細かくなされているのがいい。(30代・男性)

◎拳児:学生時代に中国拳法に対するロマンを熱く感じさせてもらいました。帯をギュッとね:しっかりと練られ、柔道に対する真摯さとその一方での笑いなど、読んでて飽きない構成が素晴らしかったです。(40代・男性)

◎どれを選ぶか迷いますね。好きな作品多いんで!!(40代・男性)

◎月刊秘伝でも漫画連載をしてはいかがでしょうか。(40代・男性)

◎すべてが熱い。いい年しても辞められない止まらない原点がここに在るのだ!(40代・男性)

◎「喧嘩稼業(喧嘩商売)」は主人公がクズの中のクズなのに本当に面白い。(30代・男性)

◎シンシアザミッションはすごい。(20代・男性)

◎ケンイチ終わってしまって悲しいけど、一番好きな作品です。(30代・男性)

◎拳児:日本における中国武術を語るうえで欠かせない作品。特に八極拳は武術界だけでなくゲームやアニメなどの創作物への影響も絶大なので。
喧嘩稼業:"なんでもあり"のリアルを追及している作品。人間関係、事前の仕込み等複雑で濃密なストーリーは圧倒される。なんとしても完結してほしい作品。
とみ新蔵先生:どの作品も武道に対する本人の深い理解が作品に表れている。端々に書かれてるポイントはそのまま指導に使えるくらい。(40代・男性)

◎美しく残酷なシグルイ。一時期割りばしや傘でチョキ握りやりまくってましたね。藤木の振りかぶった流れが一番好きです。(30代・男性)

◎安彦良和の「虹色のトロツキー」と「王道の狗」もお願いします。
「虹色のトロツキー」は植芝盛平、「王道の狗」は武田惣角が主要人物として登場します。(40代・男性)

◎「弓道士魂」兎に角すげー面白かったっす。(40代・男性)

◎どの作品も格闘技や武術を通して人生や人の心の在り様を描いた作品。読めば世界の見方が変わる筈。(30代・男性)

◎4年上の先輩に銅メダルを獲得する人がいました。(10代・男性)

◎「拳児」中国武術がたくさん出てきて尚且つ「八極拳」の名を世に知らしめた究極のマンガですね。(50代・男性)

◎「史上最強の弟子ケンイチ」中学生の頃に私は主人公のケンイチと同じように気弱ないじめられっ子でした。そんなときにこの漫画に出会い、いつも勇気や元気を貰っていました。高校生になると「自分も強くなれるのかな?変われるかな?」と少林寺拳法を始めました。私もケンイチのように運動神経は鈍く不器用で物覚えが悪いのでなかなか技が覚えられませんでした。ですが諦めずに修行続け気づけば教える身になっていました。この漫画に出会っていなければ私の人生は道を踏み外すことはなかったと思います(笑)(20代・男性)

◎その他の「ブラスナックル」は、著作:技来 静也、出版: 白泉社。人種差別時代のアメリカで、主人公の黒人ボクサーが、火薬を仕込んだ手甲を使って魔物達を倒して行く、ダークファンタジー作品です。(40代・男性)

◎「愛気」は、序盤のちょっと超人的な描写から少しずつ自分の得意なフィールドに引き込む描写と主人公のキャラクターから。
「あさひなぐ」は、今一番、武道というものを描いていると思うから。
「喧嘩商売(稼業)」は、あの徹底的な痛みの描写と画力、そして読者を納得させる納得力から。
「真島君」は、荒唐無稽を半歩手前でジャンプして避けているリアルさ。
「ツマヌダ格闘街」は、圧倒的な取材からくる描写と、世間で言われる達人のイメージを再現したところから選ばせていただきました。(40代・男性)

◎特に修羅の門第四部のバーリ・トゥードトーナメントが好き。準決勝のジョニー・ハリス対レオン・グラシエーロと決勝戦の攻防はは甲乙付け難い。(20代・男性)

◎「男組」中国武術についての情報がほとんどなかった頃に本格的な太極拳を知ることが出来ました。舘ひろし主演の映画では故松田隆智著の太極拳の本に紹介された動きが出てきて、興味深かったです。(50代・男性)

◎剣道から始まって古流やってます。その他に書くべきか迷いましたが、本当の最初はドラえもんの歴史人物シリーズの坂本竜馬ですね。(30代・男性)

◎「ハンザスカイ」:元不良が空手を通じて成長していく空手版「スラムダンク」。最初の動機が女性なのも「スラムダンク」的。勢いがある絵、しかし常識を逸脱しないありえそうな技の描写が素晴らしい。激しく続きが読みたいマンガ。作者の冥福をお祈りする。

(Part3に続く!)

  • 極真会館 六本木道場$
  • 沖縄空手会館$
  • グレートジャーニー$
  • 覇天会$
  • 活殺自在塾$
  • 中達也DVD$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

合気速習

コレならできる!
欧州で磨いた最も効率的な習得カリキュラム
18のレッスンで、無理なく合気のステップを上る!

日本刀が斬れる理由、美しい理由

刀匠であり武道家でもある者だけが知る秘密、教えます。

DVD

アレクサンダー・テクニーク

習得が難しいともいわれるアレクサンダーテクニークを分かりやすく実践的に指導した画期的なDVD。正しい姿勢と全ての人が行う日常動作を、繊細な方向付けでクライアントの意識と体に指導。無意識に行っている強張りがなくなり、より良好な心身が引き出されていきます。

太極拳の秘訣

気、丹田、勁力、呼吸…。曖昧な極意を体得するヒケツ!
ジー・リー・アン・ファンソン・ポン!?
本当の力を発揮するには、常識とは違う言葉使いも大切です。

文字サイズ 文字サイズ中文字サイズ大
ページの上部へ