月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 11月18・19日(水・木)両国国技館で「第3回武術太極拳ワールドカップ大会」開催!

秘伝トピックス

11月18・19日(水・木)両国国技館で「第3回武術太極拳ワールドカップ大会」開催!

ニュース 中国武術 現代武道

3rd_worldcup_character.jpg本年11月18・19日(水・木)の2日間にわたり、「第3回武術太極拳ワールドカップ大会」が東京・両国国技館で開催決定となりました。その公式キャラクターのモチーフは、日本を連想させるものの中で、近年諸外国からクローズアップされる機会も多い『忍者』。 顔には歌舞伎の隈取をうっすらのせて和の雰囲気を、手には中国武術を象徴する太極拳(太極剣)・長拳(槍術)・南拳(南刀)という「国際競技3種目」の武器を携え、「日本」と「中国武術」をそれぞれに強調、そして密接に関連づけたイメージキャラクターとなっております!

3rd_worldcup_logo_mark.jpgまた、シンボルマークのデザインは「日の丸」に、日本を強くイメージさせる「桜と富士山」を配し、そこに国際競技3種目である【太極拳(Taijiquan)】の"T"(ピンク)、【長拳(Changquan)】の"C"(ミントグリーン)、【南拳(Nanquan)】の"N"(パープル)の各頭文字をデザイン化したモノを組み合わせてあります。これらのパターン(図形)は"炎" をイメージし、日本(日の丸であり太陽でもある)の武術界に満ちあふれるエネルギーが大きく湧き出る様を表し、同時に躍動する世界の武術選手達を表現しています。

両国国技館という、日本武道の聖地で開催される中国武術の世界的祭典。
最新情報については公益社団法人日本武術太極拳連盟の公式ホームページより、今後も随時発信予定ですので、ぜひともチェックをお願い致します!


関連記事⇒秘伝2019年10月号特集『"表演"の舞台で"武術"を競う!』

  • SP:BUDO JAPAN$
  • SP:電子書籍$

BOOK

「動き」の天才になる!

力みなく、エネルギーを通す、
最大効率の身体動作を学ぶ

柔らかい空手

水のごとき“柔らかさ”!
水風船のごとき全身連動!!

DVD

首里手・泊手のナイハンチ

那覇手剛柔流空手で解く【首里手・泊手のナイハンチ】
実戦の勇・本部朝基に見る沖縄空手の超接近技法

古武術は美しい

表裏が一体となった技
合理性を追究した、身体の芸術を身につける