月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 【新作DVDレビュー】身体の天才性を発揮する訓練法!JIDAI先生の【脳の書き換え体操】が大好評発売中です。

秘伝トピックス

【新作DVDレビュー】身体の天才性を発揮する訓練法!JIDAI先生の【脳の書き換え体操】が大好評発売中です。

特別記事 身体操作/療術

トレーニングしているのに、どこかしっくりこない人。
そのモヤモヤの打開には、脳の情報の書き換えをおススメします。

th_JID3Da(920.jpg各種の筋トレやストレッチは身体能力を確実に上げてくれます。ですが、これらの回数をいくら増やしても、どこか「しっくりこない」と感じている方はいないでしょうか。

それは筋力・柔軟性という物理的・部分的能力だけに関心を向けているせいかもしれません。ではどうすれば、自分の身体は「しっくりくる」のか。

そのヒントは「意識と無意識の狭間に目を向ける」こと。言い換えると【脳の情報】を【書き換える】ことです。この具体的な訓練法が身体表現者・【JIDAI】先生が考案した【JIDAIメソッド】です。

大きな特徴は「身体の隅々までエネルギーが行き渡る状態」を作ること。そして、その方法は身体の「隙間」を広げることです。

例えば【胸鎖関節すきま広げ】という体操。胸骨と鎖骨のつなぎ目(隙間)を広げていきます。 やり方はまず、腕を横に上げます。そして鎖骨の出っ張りに触れ、それを肩の方に押し出します。この時「隙間を広げるぞ~!」と腕も遠くへ伸ばします。

ポイントは、肘を使って「出っ張りを遠くにする」意識。肘から先は、楽にしておきます。

この体操をしていくと、腕を「肩甲骨から長く」「力を抜いて」使えるようになります。そして、意識をしなくても肩が自然に「下がります」。

また、全ての体操に共通するポイントは「変化を感じ取る」こと。これは、どう感じ取れば「正解!」という課題ではありません。自分の感覚と言葉で良いので「起きている変化」をキチンと認識する訓練です。

つまり自分に適した形で、脳の情報の書き換えをしていくことに狙いがあります。そして、これが進んでいくと、今までとは違う【天才性の動き】ができるようになります。

以上のことから

・軽やかながらも、全身が充実した動きを身につけたい
・外形ではなく、内面からの美しさを表現したい
・武道・ダンス・スポーツ、演劇・演奏などで「動き(身体)の質」を変えたい

という方にオススメできる、既存のトレーニングとは一線を画すユニークな身体訓練法DVDです。


JID_3Dh4a.jpgJID_3Dh4b.jpgJID_3Dh4c.jpgJID_3Dh4d.jpg


DVD◎【脳の書き換え体操】身体の天才性を発揮する訓練法
指導監修◎JIDAI じだい
指導動画◎【胸鎖関節すきま広げ】腕を肩甲骨から長く使う
紹介動画◎身体の天才性を発揮する【脳の書き換え体操】
関連書籍◎再創造する天性の「動き」!

  • スポーツ庁アンケート$
  • 日本抜刀道連盟$
  • 電子書籍$
  • BUDO JAPAN$

BOOK

"刀"を究めればわかる"武"の練り方

合気も、刀が導く

天才・伊藤昇の「胴体力」新装改訂版

〈伸ばす・縮める〉〈丸める・反る〉〈捻る〉
三つの胴体の動きが身体に飛躍的な変革を起こす!

DVD

五感で目覚める

伝説の格闘家が見つけた
即効性のあるカラダの真実!

空手革命

体内の凝縮回転力から生み出される
【一打必倒】の新打撃論!!

究める!合気道

世界中の愛好家から注目される

気鋭の指導者による上達のコツ