月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > オレの好きな48のファイトスタイル 格闘家にして理学療法士 奇跡の再起道

秘伝トピックス

オレの好きな48のファイトスタイル 格闘家にして理学療法士 奇跡の再起道

現代武道

格闘家の身に起きた奇跡の実話に日本中が泣き笑い!?

 

田村選手.jpg 2017年2月5日、パンクラスのリングに登った田村彰敏選手はKO負けを喫し、病院へ搬送される。一見、大事ないとも思われたその裏で、脳に発生していたのは急性硬膜下血腫。生死の境をさまよう事になる。
 何とか命は取り留めたものの、半身マヒ、目、耳、言葉の障害が残り、格闘家として活躍した姿が見る影もない状態に至ってしまう。

 そんな中、リハビリとして始めたのは絵を描く事だった。「与えられたペンと紙、マヒした右手で純粋に絵を楽しみました。」と語る本人は、実は至って大らかでマイペース。そんな闘病の記録から、格闘人生、自分を支えてくれた人々、大好きなもの、そしてこれから......と、振り返りつつも未来を見やるエッセイを絵とともにまとめたのが本書だ。
 格闘家とは、この上なく純粋な人種なのかもしれない。悔しければ純粋に涙を流し、感謝の気持ちにも涙が溢れ出す。そして、田村の闘病の日々には悲壮感はない。悩んでも仕方のない事には悩まず、笑う。
 「脳をやられたおかげで余計な事考えられず、悩まずにすんだんですよ」
 ある意味飄々とした日々の様子にはクスリとさせられ、時々ハッと、ホロリとさせられるのは田村の純粋な内面をそのまま見せてもらっているかのよう。
 格闘技ファンのみならず、あらゆる方に一度は読んでほしい一冊だ。
 ある日、田村は蛭子能収の肖像画を描く。
 「なぜ蛭子?」と気になった方はぜひご一読を。

蛭子さん.jpg犬のように見える猫.jpgファイトクラフ.jpg







『オレの好きな48のファイトスタイル 格闘家にして理学療法士 奇跡の再起道』
田村彰敏 著

  • 日本抜刀道連盟$
  • 電子書籍$

BOOK

"結び"の極意

合気道のすごい戦術
技が100%かかる!

誰が相手でも通用する唯一の方法。

武医同術

難病治療で驚異の実績を上げる
医師も取り入れた武術氣功!

DVD

達人のカラダ作り

高橋佳三教授の【達人のカラダ作り】
あらゆる武術・運動に効くトレーニング法

パワーヨガ入門

映える!痩せる!若返る!!
スペース要らずの全身運動!

淺山一傳流兵法

門弟7千人を誇った江戸時代の一大流派
甲冑兵法を色濃く残す古武道