月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > JIDAI先生【張力の作り方】力を最大化するワーク 1/20発売【DVD】

秘伝トピックス

JIDAI先生【張力の作り方】力を最大化するワーク 1/20発売【DVD】

特別記事 身体操作/療術

続々増刷の大評判書籍『張力で動く』、注目の映像化。
キーワードは収縮ではなく膨張です。


th_JID_1D web.jpg「うぉぁぁぁぁぁぁぁーん」。昼食後の眠気が一気に吹き飛ぶJIDAI先生の「遠吠え」。いきなり抽象的な表現で恐縮ですが、透明でにごりのない、圧力のあるパワーが、先生を中心に空間一杯に広がっていく感じです。

 

これは「張力」を体幹に強く働かせるための「腕立て(伏せ)の姿勢と遠吠え」の身体訓練。張力とは「相反する方向にパワーを同時に働かせる」ことで生まれる力。そのためには「潰れそうな〈すきま〉のスペースを大きくする」ことが課題になります。

 

すきまとは主に「骨と骨の間(関節)」と「気道(呼吸の通路)」のことです。普段は潰しやすいすきまを大きく保つことで、エネルギーの通り道を作り、張力を利かすことでエネルギーの量を大きくしていくことがJIDAIメソッドです。

 

例えば「腕立ての姿勢」では「顔・アゴ・首をゆるやかにする」「膝をゆるませ、床ギリギリに垂らす」「喉をしっかりと開いて、お腹で呼吸する」などが指導ポイント。外形的にはプランクの一種に見えますが、その内容はかなり異なります。

 

この状態を保ったまま「怒鳴らない」「体を強張らせない」「体全体に声を響かせる」「遠くに声を届かせる」ことを意識した発声が冒頭の「遠吠え」です。見よう見まねでやってみると確かにパワーが全身に行き渡ります。注意点は、やる場所・時間を選んで、お巡りさんを呼ばれないことです。

 


DVD【張力の作り方】力を"すきま"に通し、最大化するワーク
関連映像 大評判書籍『張力で動く』の映像化!
関連映像 JIDAI先生の注目DVD『張力の作り方』
関連書籍 筋力を超えた「張力」で動く!

JID_1Dh4a.jpgJID_1Dh4b.jpgJID_1Dh4d.jpgJID_1Dh4c2.jpg

  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

意識ヨーガ

自分の体と動きを観察するだけで、
いつも冷静に考え、行動できる!

本当に強くなる"一人稽古"

ジャンル問わず!
達人たちはみな、“型稽古”で達人になっている!

DVD

崩して極める五つのコツ

古武術・合気柔術で悩んでいる方へ。
力任せの技ではない、形だけの稽古ではない。
技を掛けられる人は出来ている「共通の動き」があります。

実戦!なぎなた入門【応用編】

競技なぎなたは、女子だけのものにあらず!
男子のための指南DVD、待望の第二弾!