月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 心地良くても効果がある、新しい骨格調整術。中山隆嗣先生のDVD【靭帯療法】が好評発売中です。

秘伝トピックス

心地良くても効果がある、新しい骨格調整術。中山隆嗣先生のDVD【靭帯療法】が好評発売中です。

特別記事 身体操作/療術

骨をつなぐ「靭帯」の動きに着目した「伸展の技法」。
クライアントに負担をかけずに、全身の歪みを整えていきます。

th_TAI9Da(20068.jpg整体を受けることに興味がありながらも「痛そう」「ポキポキが怖そう」という理由で施術を敬遠される方が少なからずいます。そして、どんな整体であっても共通して言えることは「無理な力を加えると逆に身体を痛めてしまう」こと。

このような施術イメージと熟練の技術が必要な強い瞬間圧の弊害を払拭すべく考案されたのが中山隆嗣先生の「靭帯療法」です。強い力で骨格の歪みを矯正するのではなく、骨と骨をつなぐ「靭帯」に「伸展」を加えることで、本来あるべき形に整え、骨格を正していきます。

例えば膝関節の調整法である「曲膝(まがりひざ)」。この技術は、歩行の改善、腰への衝撃緩和に用います。やり方はまず、うつ伏せのクライアントの膝裏に手を当てます。この手はL字にして膝裏をきちんと固定すること。次に足の甲に手を当て、膝を曲げていきます。

ここで大きなポイントになるのが伸展の意識。踵がお尻につくように脚を押し曲げるのではなく、クライアントの頭の方向を意識して、伸ばしながら脚を曲げていきます。これにより膝の靭帯が適度に伸展され、調整されていきます。

このような調整法が、下肢、骨盤、脊椎、肩・頸椎、上肢と全身を網羅する形で収録。指導は「骨模型」と「クライアント・モデル」の2つで進行。「施術場所の内部」と「施術姿勢・動き」がよく分かるので、調整のイメージがとても掴みやすい内容です。


DVD 瞬間圧を使わない【靱帯療法】
関連書籍 靭帯に着目した画期的整体術【靱帯療法】
関連映像 心地良くても効果がある骨格調整術【靱帯療法】
関連映像 中山隆嗣先生が【骨盤の歪みの直し方】を分かりやすく解説

TAI_9Dh4a.jpgTAI_9Dh4b.jpgTAI_9Dh4c.jpgTAI_9Dh4d.jpg

  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

「動き」の天才になる!

力みなく、エネルギーを通す、
最大効率の身体動作を学ぶ

柔らかい空手

水のごとき“柔らかさ”!
水風船のごとき全身連動!!

DVD

古武術は美しい

表裏が一体となった技
合理性を追究した、身体の芸術を身につける

真向法入門

股関節は起こして倒す!
本当に使える股関節の作りかた!