月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 形(かたち)を守るから身につく。中野由哲先生のDVD【武術で本当に強くなる】が好評発売中です。

秘伝トピックス

形(かたち)を守るから身につく。中野由哲先生のDVD【武術で本当に強くなる】が好評発売中です。

特別記事 中国武術 空手/拳法 身体操作/療術

中国武術の三体式、空手の上段受け、など。
形が秘める「武術の力」をはっきりと理解・学習できるDVDです。

th_NAK_2Da.jpg「武術で身につけられる『強さ』は『誰かより強い』という相対的なものではありません」。稽古の前提を、そのように説明する中野由哲先生(古伝体術心水会主宰)。自分の内面と向き合い、その状態を整えることで「絶対的な存在」になること。これが今回中野先生が伝えたい、武術で身につけられる強さです。

そのために重視すべきことが、それぞれの武術が伝えてきた「型」。この稽古で、自分の体・動き・意識をクリアにして、心身を統一化していきます。その一例として中野先生は、中国武術・形意拳の構え・三体式を紹介。

「指先・足先・鼻先は一直線上」「肩関節と股間節を結んだ四角形を崩さない」「腕は肘の骨を真下に」「股間節に窪みをつくる」。この条件で形をとっていくと、心身は統一化されていきます。そして「調和のエネルギーを通す器」となります。

ここから検証として、相手に腕を持っててもらい、肘を抜きます。この「抜き」も型稽古の重要動作のひとつ。ポイントは「関節を曲げずに、関節の力を抜くこと」。そうすると、三体式の器を保ったまま、相手とはぶつかり合いを起こさずに、動くことができます。つまり、相手の力と調和ができるので、結果として相手は崩れていきます。


他にも八卦掌の走圈(歩法)、空手型の内歩進など、そのポイントと共通する身体原則を、実感できる検証と共に分かりやすく解説。ジャンル・流派を問わず、自分が稽古している武術のさらなる深め方として、さまざまなヒントが得られるDVDです。


DVD 【武術で本当に強くなる】
関連書籍 【本当に強くなる一人稽古】
関連記事【秘伝2020年6月号(5/14発売)】
関連動画  DVD【武術で本当に強くなる】の紹介映像
関連動画 形意拳・三体式【「抜き」の重要性】の指導映像

NAK_4D4a.jpgNAK_4D4b.jpgNAK_4D4c.jpgNAK_4D4d.jpg

  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

「動き」の天才になる!

力みなく、エネルギーを通す、
最大効率の身体動作を学ぶ

柔らかい空手

水のごとき“柔らかさ”!
水風船のごとき全身連動!!

DVD

古武術は美しい

表裏が一体となった技
合理性を追究した、身体の芸術を身につける

真向法入門

股関節は起こして倒す!
本当に使える股関節の作りかた!