月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 新刊書籍『初見良昭 武神館の秘法 忍術教伝(武器術編)』12/25発売!

秘伝トピックス

新刊書籍『初見良昭 武神館の秘法 忍術教伝(武器術編)』12/25発売!

特別記事 古武術/伝統武器術 忍術/護身術

世界中の軍・警察関係者が教えを請う"いま忍者"の秘法、一挙公開!

th_長刀縦持ち.jpg今、世界から最も支持を受けている武術家と言えば、忍術伝承者として知られる初見良昭宗家だろう。世界から初見宗家のもとに学びに来ているのは、軍や警察のバリバリの実戦部隊だ。伝統文化の"カタチ"を学ぼうというのではない。シビアな現場で"使える技術"を学びに来ているのだ。
初見宗家が主宰する武神館では、師である高松寿嗣師から受け継いだ「戸隠流忍法」「神伝不動流打拳体術」「虎倒流骨法術」「高木楊心流柔体術」「九鬼神伝流八法秘剣」「玉虎流骨指術」「義鑑流骨法術」「玉心流忍法」「雲隠流忍法」という九つの流儀が伝承、教伝されている。
やらねばならぬ事が多い、というよりは、あらゆる手段を尽くすのが忍術の本質である、と言った方が正しいだろう。そんな多彩な武神館武術のうちの、武器を用いた技術群をまとめたのが本書だ。
th_立位制圧.jpg剣、槍、棒、薙刀、仕込杖、鎖分銅......と、本書で取り上げた使用武器だけを列挙してみても実に多彩。
今や多彩な武器を駆使すると言うよりはもはや、"指一本"で暴漢を制圧してしまうレベルに達している初見宗家の、バックボーンとなっている技術を見て取れる、貴重な一冊となっている。
本書は『月刊秘伝』に掲載された連載記事を編集・再構成したもので、武器術をまとめた本書に対し、徒手技術を収録したものが「体術編」として別途刊行される。
いずれも、本当に実戦に通用する武術がどんなものかを示しつつ、初見良昭という稀代の達人が何によって成立しているかを明確に示す、重要な技術書と言えるだろう。


書籍『初見良昭  武神館の秘法 忍術教伝(武器術編)』「月刊秘伝」編集部 編

th_大槍.jpgth_呑龍棒.jpgth_車棒対剣.jpgth_棒対剣.jpgth_棒対剣2.jpg

  • 極真会館 六本木道場$
  • 神野織物$
  • グレートジャーニー$
  • 中達也DVD$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

"日本泳法"のススメ

生きのびるための知恵!
実用的水泳術!

「肩の力」を抜く!

簡単だけどムズかしい?
“脱力”できれば、フシギと強い!

DVD

合気道、黒帯稽古!

不世出の達人と謳われた塩田剛三存命中に、黒帯だけが参加を許された「黒帯会」。この稽古になぞらえ、塩田先生晩年の内弟子・安藤毎夫養神館主席師範による「合気道がもっと上手くなりたい人」を対象に開催された特別公開セミナーを丁寧に収録! 達人のコツを学びたい方、必見の内容です。

古伝の剛柔流空手 第二巻

現代空手にはない、沖縄空手の接近戦術とは!
掴み、ツボ、逆技、投げ技…、合計70手以上の貴重な古伝技法を収録。