月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 宋麗師範【深く極める!伝統の太極拳】正しさの先にある美しさと強さ 12/20発売【DVD】

秘伝トピックス

宋麗師範【深く極める!伝統の太極拳】正しさの先にある美しさと強さ 12/20発売【DVD】

特別記事 中国武術

独特な基本練習、24式太極拳、対人用法、武器術、伝統の健康法。
武術が持つ潜在的な可能性を中国代表を務めた本場の武術家が指導します。 

th_TMT4Db2(247.jpg「太極拳で大切なことはリラックスです。また常に腹式呼吸を意識します。そして練習をしていくことで足腰が強くなります」(宋麗・天行健中国武術館総師範)。宋師範は、四川省武術隊(プロチーム)の選手として活躍した後、伝統武術に重点を置いて研鑽と指導をされている女性武術家です。

その指導の一端、脱力のための代表的な練習"摔臂(シュワイ・ビー)"は「肩・腰は沈ませ、中心軸は真っ直ぐに」することがポイント。腕はもちろん体幹・太腿も力ませずに、体を左右に回転。巻き付いた両腕の出す音が、道場内に響きます。

全身の力を最大に抜きながら全身を最大に動かす、シンプルながらも奥深い練習です。さらに"転腰(ジュワン・ヤオ)"でうねるような腰の動き、"仆歩穿(プーブ・チュワン)"で肩・股関節の可動性を養成。


これらは全て基本練習なのですが、これだけでもかなり体を練られそうです。 そしてこの体を土台にして、24式、対人用法の演武・指導に入るのですが、共通するのは「安定した体幹と下半身」。また、これらを徹底的に練り上げた到達点を、目を見張る機敏性と瞬時の発勁動作を多く含んだ徒手・武器の演武で見せてくれます。


さらに締め括りとして、伝統の健康法を指導。肺を中心に内臓諸器官に心地よい刺激を与える"益気養肺功(イー・チィ・ヤン・フェイ・ゴン)"を始めとして、合計三つの健康法を紹介。まさに武術が持つ潜在的な可能性を示してくれる内容になっています。



DVD【深く極める! 伝統の太極拳】
関連記事【秘伝2020年1月号(12/14発売)】
関連動画【これぞ本場の伝統的太極拳】
関連動画【伝統的太極拳の対人用法】
TMT_4D4a.jpgTMT_4D4b.jpgTMT_4D4c.jpgTMT_4D4d.jpg

  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

真説"戦う日本刀"

何が日本刀を、ここまで“高性能”にしたのか!? 世界に誇る日本刀の“性能”の秘密!

芦原英幸 サバキの真髄

あらゆる武道で使える、華麗な捌き。
ケンカ十段による技法の完成形!

DVD

張力の作り方

「身体内のエネルギーの通り方に目を向け、一見同じに見える動作でも今までと違った内容にする」(JIDAI)。
続々増刷の大評判書籍『張力で動く』、注目の映像化。
すきまとは、主に骨と骨の間(関節)、気道(呼吸の通路)、誰にでもあるもの。
キーワードは収縮ではなく膨張です。

ロシア武術システマ 触れずに倒す

自信に満ちた動きが、相手に恐怖を呼び起こす。