月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 静嘉堂文庫美術館「日本刀の華 備前刀」開催!

秘伝トピックス

静嘉堂文庫美術館「日本刀の華 備前刀」開催!

ニュース 剣術/居合/刀剣

「備前刀の宝庫」静嘉堂所蔵の重要文化財4振、重要美術品11振を含む、
備前在銘作約30振が顔揃い!

静嘉堂の蔵刀より在銘作約30振が紹介されます。「古備前」と呼ばれる初期の作風から、一文字・長船・畠田・吉井・鵜飼など各派による作風の展開をたどる。また国宝「曜変天目」の特別出品も決定!

「日本刀の華 備前刀」
Bizen Swords―The Flower of Japanese Swords
[会期]2019年4月13日(土)~6月2日(日) 
[休館日]毎週月曜日 (ただし4月29日・5月6日は開館)、5月7日(火)
[場所]静嘉堂文庫美術館 〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1 TEL.03-5777-8600(ハローダイヤル)


日本刀の主要製作地(山城・大和・備前・相模・美濃)のうち、備前(岡山県南東部)は、上質な原料や水運の利に恵まれ、平安時代より優れた刀工を輩出し、圧倒的な生産量を誇ったことから、今日「刀剣王国」と称されています。備前刀の特徴は、「腰反(こしぞ)り」の力強い姿と、杢目(もくめ)を主体とした精緻な地鉄(ぢがね)に、「丁子乱(ちょうじみだ)れ」と呼ばれる変化に富んだ刃文とされています。その豪壮にして華やかな作風は、鎌倉武士や戦国武将たちをはじめ、多くの人々を魅了してきました。
本展では、「備前刀の宝庫」として知られる静嘉堂の蔵刀を中心に、重要文化財4振、重要美術品11振を含む在銘作約30振を精選し、「古備前(こびぜん)」と呼ばれる初期の刀工群から、一文字・長船・畠田・吉井・鵜飼など各流派による作風の展開をたどっていきます。あわせて、江戸時代に幕府の御用をつとめた後藤家歴代とその門流(脇後藤)による刀装具を展示します。さらに国宝「曜変天目(「稲葉天目」)」を特別出品いたします。
(静嘉堂文庫美術館HPより)

備前刀展.jpg

  • SP:ヒロタ$
  • SP:東京堂$
  • SP:腱引き$
  • SP:星道$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

自律神経療法の教科書

あらゆる療術家が取り入れやすいメソッド!

筋力を超えた「張力」で動く!

誰もが動きの天才になれる

DVD

合気道を究めよう 第一巻

強く美しい武道の動きを学びたい方へ。

しなやかな動きと技の可能性を探究したい方へ。

Facebookフォロワー数11万人以上の人気合気道家、初の技法集です。

最強の組手と形

究極の全身制御の力を体現【形の部】、
一撃の極み【組手の部】を同時収録!