月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 太氣拳尚武館の合宿稽古レポート

秘伝トピックス

太氣拳尚武館の合宿稽古レポート

ニュース 中国武術 空手/拳法

th_過渡式.jpg10月8日(日)〜9(月・祝)にかけて、太氣拳尚武館の合宿稽古を国生みの地・淡路島にて開催しました。尚武館からは代表の島村と道場生の合計3名、外部から日帰りでのビジター参加の方が2名で総計5名でのこじんまりとした合宿となりました。

8日午前は屋外での稽古。立禅・揺り・這いの概要を、初めて太氣拳に触れる方に向けて丁寧に説明しながら取り組んで頂きました。
当道場では今年の年間テーマとして「生根(せいこん)」、すなわち根を張ったように下肢が大地を捉えること、そしてその結果としての上虚下実による拳技の追究を掲げています。太氣拳の基礎練習で培う「生根」を味わっていただくべく、午後は「胯(こ、クア)」の働きを明確化するためのワークから入りました。

th_腸腰筋ワーク.jpg腸腰筋を活性化するワーク、そして日本人の特技である「坐」の技法をもちいて「胯」の重要性への気づきを促す鍛錬。これらのワークを経てから午前の復習を行ったところ、よりしっかりと「生根」を体現する実感を得られたようです。

動の訓練である「練り」、「陣」を把握し聴勁・前捌きを練る推手、そして軽い組手も行いました。組手ですが、あくまでも太氣拳の基礎練習が動きの中でどのように活かされるか、太氣拳の身法・歩法・前捌きとそれに基づく戦術の紹介、という観点での取り組みであり、空手 vs 太氣拳 という他流試合では無いことをご理解頂ければ幸いです。

組手の様子はビデオに収め、宿舎で鑑賞しながらの反省会となりました。

th_初日古山先生と.jpg太氣拳尚武館として初の関西地区での合宿は、参加人数こそ少なかったものの、他流の方にビジター参加いただき新たな出会いがありました。また、お伝えした稽古内容においても好評をいただくことが出来たことで、まずは一安心です。

なお、今回の合宿には間に合わなかったものの、四国で武道を稽古される方からのお問合せもありましたので、今後の展開に期待をしたいと思います。

ご高覧頂きありがとうございます。

  • 極真志田 骨リリース$
  • 神野織物$
  • 沖縄空手御庭$
  • 筋整流法$
  • グレートジャーニー$
  • 中達也DVD$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

"日本泳法"のススメ

生きのびるための知恵!
実用的水泳術!

「肩の力」を抜く!

簡単だけどムズかしい?
“脱力”できれば、フシギと強い!

DVD

合気道、黒帯稽古!(特別公開動画あり)

不世出の達人と謳われた塩田剛三存命中に、黒帯だけが参加を許された「黒帯会」。この稽古になぞらえ、塩田先生晩年の内弟子・安藤毎夫養神館主席師範による「合気道がもっと上手くなりたい人」を対象に開催された特別公開セミナーを丁寧に収録! 達人のコツを学びたい方、必見の内容です。

古伝の剛柔流空手 第二巻

現代空手にはない、沖縄空手の接近戦術とは!
掴み、ツボ、逆技、投げ技…、合計70手以上の貴重な古伝技法を収録。