月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 新刊書籍『呉式太極拳・馬長勲老師 太極拳を語る』10/3発売!

秘伝トピックス

新刊書籍『呉式太極拳・馬長勲老師 太極拳を語る』10/3発売!

ニュース 中国武術

格闘技ではない、「推手」の"真意"が理解できる!

hm馬老師1.jpg太極拳はゆっくりと切れ目なく動くものだから、一般人には「これが武術として使えるのか?」と思う人が多いようだ。一方で、その意味が簡単に理解できないだけに、「あらゆる武術の中でも次元を超えた境地が存在するのか...」というロマンもあるだろう。
ズバリその答えは、今年85歳を迎える太極拳界の生きる伝説、呉式太極拳第五代伝人・馬長勲老師が語る言葉にある。本書は、馬老師が最も信頼する弟子の一人、王子鵬に語った"よもやま話"をまとめたものであり、まさにそこに武芸の真髄が見て取れる。
通常、太極拳は套路を中心に練習するイメージがあるが、馬老師は推手(相対技法)の重要性とそこにある深い理合いを示唆している。相手と対した時にどのような身心の状態であるべきか、それは日常の生き方にも通底する核心なのだろう。
hm馬老師2 .jpg実際の推手では、馬老師がほとんど動いていないにもかかわらず、その相手は飛ばされたり、尻もちをつかされたりしてしまう。そして、余計な力と意図を捨てて心気を順にした動きは、見ている人の気の流れまで良くするという。
達人伝説で語られる境地は実在していた。日本の武術を学ぶ人も必読の一冊である。


書籍『呉式太極拳・馬長勲老師 太極拳を語る』馬長勲・口述/王子鵬・整理

  • 極真志田 骨リリース$
  • 星道$
  • 神野織物$
  • 沖縄空手御庭$
  • 筋整流法$
  • グレートジャーニー$
  • 中達也DVD$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

宮本武蔵の本当の戦い方

繊細に当て、強烈に打て!

太極拳を語る

表面的技術ではなく、推手(相対技法)の核心がわかる!

DVD

最強の二刀流入門

これが武蔵の「勝利の方程式」だ!

必勝の空手 第ニ巻 組手稽古編

頂上を目指す全ての人、必見!