月刊秘伝WEB HOME > BOOK > 気剣体一致の「改」〈新装改訂版〉

カテゴリー別で探す

BOOK

気剣体一致の「改」〈新装改訂版〉

ご購入はこちら

定価
1,870円 (税込)
著者名
黒田鉄山
判型
四六判
頁数
228頁
発売日
2015年7月31日
[目次]

“運動神経に恵まれなかった男”が、
なぜ“神速”に至れたのか?

「最大最小理論」:最大限に身体を駆使する事により最小限の動きが生まれる。これすなわち、最速。
「等速度運動理論」:よどみなく等速度で動くという事は動いていないのと同義。だから、見えない。
「無足の法」:地を蹴らない。自分の足を否定する事により、力では到達し得ない速度を得る。
今なお進化し続ける「孤高の達人」が綴る古流剣術に秘められた身体改造理論。
今だから語れる“最高到達点”からの言葉!
三部作第二巻 いよいよ剣術編!
武術理論があなたの“動き”を別次元に導く!

第一章 私の剣術
▼流祖 ▼駒川改心流剣術 ▼素振りー最大最小理論 
▼素振り礼式 ▼私の剣術  

第二章 剣術における無足の法
▼半身 ▼半身という難しさ ▼入身 
▼半身、沈身そして浮身 ▼体捌き ▼身体の捻じれ
▼素振り三年 ▼講習会 ▼甘い稽古 ▼遅速不二
▼太刀術礼式 

第三章 涎賺
▼斬猫 ▼涎賺ーその極意性(一) ▼涎賺ーその極意性(二)
▼涎賺ーその極意性(三) ▼涎賺ーその極意性(四) ▼心体  
▼先 ▼受の魔の太刀 ▼引き斬り

第四章 目附
▼八相の構え ▼剣術に見る柔術的要素
▼見える次元、見えない次元 ▼目附 ▼抄い斬り

第五章 足切
▼足切 ▼滅私没我―素直なよい子― ▼剣術における浮身
▼身体の術技的普遍化 ▼点の間 ▼術と道

第六章 実手
▼上位の腰 ▼受け流し ▼鈎 ▼正郡の実手  

第七章 実手の操法
▼持ち方 ▼構え ▼不動剣の構え ▼切っ先返しの構え
▼陰剣の構え ▼胸刀の構え ▼操法

第八章 実手型
▼型稽古の前に ▼実手術礼式 ▼肱落 ▼肱留 ▼燕返

第九章 小太刀
▼小太刀術礼式 ▼小太刀一本目 ▼飛んで跳ばず   
▼陰剣からの変化 ▼砂巻(肱車)

第十章 薙刀
▼祖父の薙刀 ▼家伝の薙刀―その操法― ▼素振り 
▼薙刀術礼式 ▼陰之薙 ▼薙刀も速いもの  
▼飛違、そして勝色 

第十一章 両刀居合詰
▼二刀のこと ▼特徴 ▼両刀の頃  
▼祖父の両刀 ▼柄払 ▼三方 ▼太刀色

第十二章 奥三ツ太刀
▼術を知る ▼型を知る ▼飛変  
▼日月 ▼総括として

著者プロフィール

振武舘黒田道場館長。1950年埼玉県生まれ。祖父泰治鉄心斎につき、家伝の武術を学ぶ。民弥流居合術、駒川改心流剣術、四心多久間流柔術、椿木小天狗流棒術、誠玉小栗流殺活術の五流の宗家。現在も振武舘黒田道場において、弟子と共に武術本来の動きを追求し続けている。
  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

空手の不思議

本来は…上段正拳突きは存在しない?
蹴りは関節技として使う?

極めた真の空手へ!

70代で最も強くなれる!
“柔の術理”を含む究極の空手

DVD

合気道を究めよう 第二巻

強く美しい武道の動きを学びたい方へ。

しなやかな動きと技の可能性を探究したい方へ。

「観れば真似したくなる」「動きが奇麗で分かりやすい」と大評判の合気道DVDの第二巻です。

一ヶ条を極める!

一ヶ条(一本捕・一教)という大東流の「核心」技法、
さらには一刀流からの応用を会得する!