月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 世界で注目されている「達人になるための稽古法」です 7/20発売(DVD)

秘伝トピックス

世界で注目されている「達人になるための稽古法」です 7/20発売(DVD)

特別記事 中国武術 合気武術 空手/拳法 身体操作/療術

御年70歳となる日野晃が、自分の体で証明した「衰えない力」。
一生涯使える「体の使い方」の具体的な方法が分かります。

th_HIN_9Db.jpg「出来ないから『どこをどうしたらエエのやろう?』になる訳や」「ここで出来ることをやってまう」「もうそれはダメ」。どうしても普段の動きが抜けず、力や勢いで課題をクリアしようとするセミナー参加者の方々に言い聞かせる日野先生。この言葉は、他の合気的な動きの訓練のひとつ「腕を抱えられてからの稽古」でも活きてきます。

通常、動きを制限された肩・手首を「それを上回る力」で動かしてしまいがちですが、この場合は、動かせる肘を「ひょいと抜く」(日野先生)。この言葉自体も簡単ではないのですが「『ひょい』とはどんな拍子なのか」「『抜く』とはどういう動きなのか」という、今までにはなかった視点を体験的に持った時、新たな自分に出会う稽古になっていきます。


DVD『日野晃の達人セミナー】
関連記事『秘伝2019年8月号(7/13発売)』
関連動画1『古希にして若者を手玉に取る武術の秘密とは?』
関連動画2「肘が後ろに緩んでいく」。これが達人の口伝です』
HIN_9D4a.jpgHIN_9D4c.jpgHIN_9D4e.jpgHIN_9D4f.jpg

  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

即効回復のための「ケガ学入門」

“コンセプト”が間違ってると治るものも治らない!

意識ヨーガ

自分の体と動きを観察するだけで、
いつも冷静に考え、行動できる!

DVD

ロシアの護身格闘術 システマ超入門

年齢・運動経験は不問。
困難な状況でも生き残るための体の心の訓練法です。

体の仕組みを使う全介助技術集

力ではなく、使うのは「体の仕組み」です。
ですから「腕力のない女性」でも、大きな人を持ち上げられます。