月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 山本敦史師範【大東流の五つのコツ】古武術でしっかりと効かせるポイント 2/20発売【DVD】

秘伝トピックス

山本敦史師範【大東流の五つのコツ】古武術でしっかりと効かせるポイント 2/20発売【DVD】

特別記事 古武術/伝統武器術 合気武術 忍術/護身術

古武術・合気柔術の「技のかかり」で悩んでいる方へ。
上手くいっている場合の動きを分析すると「共通のポイント」があります。

th_YMT1Da2.jpg「本来、大東流合気柔術の技を実際に施すには技法の組み合わせ・複合・省略が必要です」と前置きしつつ、技法を分解することで見えてくる「共通のポイント:五つのコツ」をご指導いただいた大東流大和会・山本敦史師範。

例えばコツのひとつに「『手刀(腕)』で体の力を伝える。」があります。これを解説した技法のひとつが「両手取・搦詰(からめづめ)」。両手首を掴んできた相手の腕が搦まるように技を施し、床に組み敷いていく技です。

ポイントは「握り込む」のではなく「手刀」で相手の体を捌いていくこと。「自分の体(姿勢)の力」→「手刀」→「相手の体」という流れで、「腕」ではなく相手の「体」に力を加え、その重心を吊り上げます(これを「浮き崩し」といいます)。

さらに搦めとった両手を手刀で制しつつ、上の手を「肘が起きるように」攻めて行きます。この時も相手の手を握り込むことは厳禁です。そして下の手をより搦まる方向に返していくことで、技が完成します。

このように人を折り紙にしたような表現はまさに日本柔術の魅力のひとつ。その魅力を「形で終わらせない」ヒントを簡潔にまとめあげたといえるDVDです。


DVD 大東流合気柔術大和会【崩して極(き)める五つのコツ】
関連記事【秘伝2020年3月号(2/14発売)】
関連動画【山本敦史師範が「崩して極(き)める五つのコツ」を指導】
関連動画【崩して極める合気柔術...搦詰のコツ】


YMT1Da.jpgYMT1Db.jpgYMT1Dc.jpgYMT1Dd.jpgYMT1De.jpg

  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

即効回復のための「ケガ学入門」

“コンセプト”が間違ってると治るものも治らない!

意識ヨーガ

自分の体と動きを観察するだけで、
いつも冷静に考え、行動できる!

DVD

ロシアの護身格闘術 システマ超入門

年齢・運動経験は不問。
困難な状況でも生き残るための体の心の訓練法です。

体の仕組みを使う全介助技術集

力ではなく、使うのは「体の仕組み」です。
ですから「腕力のない女性」でも、大きな人を持ち上げられます。