月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 新刊書籍『脳の力が身を護る!』時藤稔明(日本護身道協会 会長)・著 12/12発売!

秘伝トピックス

新刊書籍『脳の力が身を護る!』時藤稔明(日本護身道協会 会長)・著 12/12発売!

特別記事 忍術/護身術

いざという時、本当に武器になるのは"柔軟な発想"!
思考力で窮地を脱する護身道メソッド

例えば、相手が胸倉をつかんで引き込んできた、という場合、多くの人は"とられた!"、"ピンチだ!"と感じてしまう。しかし、見方を変えると、これは「相手は片手がふさがっている」という、チャンスでもあるのだ。
その手をうまく狙えれば、相手はつかむ事に固執するほど、こちらの動きには対応できない。また、相手から遠ざかろうとするのは難しいけれども、実は、相手に向かって踏み出るのは簡単。これに気がつければ、特殊な技術に頼らずにできる対処法が見つかるのだ。こんな風に、ちょっと発想を転換するだけで、どうしようもないように見えるピンチも打開できるものなのだ。

th_連続写真1.jpgth_連続写真2.jpgth_連続写真3.jpgth_連続写真4.jpg

本書で紹介するのは、柔軟な発想力と多角的な物の見方によって急場の危機を打開するという、独自の観点の護身術。
どんなに事前に技を練習して、素早さや力、技の完成度を上げたとしても、実際にそれが通用する相手とは限らない。そういう場面で本当に必要なのは、状況をもれなく、偏りなくキャッチし、本当にその場でできる手段を導き出すことなのだ。
身体の使い方についても、弱い者が強い者に勝つための、難しくはないが"凝り固まった発想"からは決して生まれない方法をいくつも紹介している。
難しそうで簡単か、簡単そうで難しいか、読者の印象を二分させそうな一冊だ。


書籍『脳の力が身を護る!』日本護身道協会 会長 時藤稔明 著

th_鍵手押し.jpg

  • 極真会館 六本木道場$
  • 筋整流法$
  • グレートジャーニー$
  • 中達也DVD$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

実録 柔道対拳闘(ボクシング)

「アントニオ猪木 VS モハメド・アリ戦」
より遥か前、明治・大正期に
“最強” を求めるロマンは幕を開けていた!

空手の合気 合気の空手

空手は打突のみにあらず。
沖縄古伝の型に見る、
柔らかな掌の操作と「力抜き」!

DVD

システマ 最強のポジショニング

日本初! システマトレーニングキャンプの映像化。
さらに超貴重なシステマ式水中訓練“ウォーターワーク”も収録!

古流の剣術

肩甲骨の使い方、膝の抜き、入り身の捌き……。
著名動画共有サイトで4,000人以上が高評価! 海外の愛好家も絶賛!
筋肉に頼らない、日本武術の先人たちが磨き続けた、優れた剣術技法を丁寧に解説。