月刊秘伝WEB HOME > 秘伝トピックス > 佐藤哲治師範【型を使えるものにする沖縄空手の教え】10/20発売(DVD)

秘伝トピックス

佐藤哲治師範【型を使えるものにする沖縄空手の教え】10/20発売(DVD)

特別記事 空手/拳法

型よりもミットや組手稽古の方が有効なのではないか?
そう感じてしまった時に見て欲しいDVDです。

th_GRK1Db(414.jpg黒帯や指導者になっても意味や効果に疑問をもたれることがある型。「その意義のひとつは、ガマク、チンクチといった体幹部の身体操作を学ぶことです」(沖縄古伝剛柔流拳法・佐藤哲治師範)。 ガマクとは、沖縄では通常、細腰(ウェスト)を指します。これが空手の指導用語となると腰・腹周り全体となり、へそから下を臍ガマク(フスガマク:臍下丹田)、背中側の腰・臀部を腰ガマク(クシガマク)と言います。
例えば剛柔流の代表型・三戦の骨盤を捲り上げる動きはフスガマクの入れとなり、前蹴りはフスガマクからクシガマクの入れに替わる動きと表現できます。
そしてチンクチとは、チルクチが転じた言葉。チルとは"筋"、クチとは"コツ(骨)"、つまり筋と骨が交わる場所である"関節"が元々の意味。これにヒットマッスル(広背筋、大円筋、小円筋、前鋸筋)が加わり、全身の力を集約して拳に伝えるルートを作ることを「チンクチを掛ける」といいます。
このように今まで曖昧だった言葉と動きの意味を明確にしつつ、初級と上級の動作の違い、型に含まれる歩法の理解、裏の分解、カキエの稽古法など、多くの示唆に富んだポイントが収録されています。


DVD 沖縄古伝剛柔流拳法【型を活かす稽古法】
関連記事『秘伝2019年11月号(10/14発売)』
関連動画1【型を活かす稽古法】沖縄古伝剛柔流拳法の教えとは
関連動画2【型を活かす稽古法】10/20発売!
書籍『沖縄古伝 剛柔流拳法で解く! 空手の不思議』

GRK1Da.jpgGRK1Db.jpgGRK1Dc.jpgGRK1Dd.jpg

  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

真説"戦う日本刀"

何が日本刀を、ここまで“高性能”にしたのか!? 世界に誇る日本刀の“性能”の秘密!

芦原英幸 サバキの真髄

あらゆる武道で使える、華麗な捌き。
ケンカ十段による技法の完成形!

DVD

張力の作り方

「身体内のエネルギーの通り方に目を向け、一見同じに見える動作でも今までと違った内容にする」(JIDAI)。
続々増刷の大評判書籍『張力で動く』、注目の映像化。
すきまとは、主に骨と骨の間(関節)、気道(呼吸の通路)、誰にでもあるもの。
キーワードは収縮ではなく膨張です。

ロシア武術システマ 触れずに倒す

自信に満ちた動きが、相手に恐怖を呼び起こす。