月刊秘伝WEB HOME > フォト&動画ギャラリー > フォト > 第二回 日中精武会連盟セミナー

動画・フォト別で探す

カテゴリー別で探す

フォト&動画ギャラリー

第二回 日中精武会連盟セミナー

PHOTO 中国武術
さらに見る

今より十数年前の日本における中国武術黎明期と比べ、現在では当時と比べ物にならないほど多くの中国武術に関する情報が溢れており、まさに"百見"の時代となっている。しかし、武術とは元来、見るものではなく実践してこそ真価を確かめられる存在のはずだ。さる3月21日、中央区総合スポーツセンターにおいて「百見は"一幹(実践)"に如かず」をキャッチフレーズに、"会得して帰る"ことを眼目とした『第二回 日中精武会連盟 特別セミナー』が開催された。講師を務めるのは、通背拳・秘宗拳の常松勝老師、洪家拳・太極拳の劉湘穂老師、八卦掌の河田秀志老師。それぞれ、門派独特の鍛錬法・発勁法を紹介し、参加者が自ら実践、習得を目指す。たとえ門派が違っても、他派の優れた練功法や発勁法のエッセンスを学ぶことは、大きな収穫となるはずだ。高手と呼べる老師から、直接門派の奥伝を示してもらえる本セミナーは、武術修行者にとって、またとない貴重な体験の機会となるはずだ。


関連情報→秘伝2015年6月号「第二回 日中精武会連盟セミナー体験レポート 百見は"一幹(実践)"に如かず

  • 腱引き$
  • 星道$
  • SWT工房$
  • 神野織物$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

鉄山に訊け

鉄山に訊け
達人に訊いてみたら、武術の極意から素朴な疑問まですべて答えてもらえた問答集

蘇れ!柔道最強説

柔道が求めるのは、
勝者か? 強者か?

DVD

サムライメソッド やわらぎ

格闘技イベントで証明した“磯野波平(54歳)”でも動ける理由。
昔の武術家たちの体の秘密を明らかにして、その働かせ方をお伝えします。

カタカムナの合氣

氣を体に巡らせ、感受性を働かせるワークショップ。
古代日本人が持っていた姿勢と心の知恵を体験していきます。