古今東西の武道・武術・身体術理を追求する方のための総合情報サイト

Learn Japanese martial arts "WEB HIDEN"
Twitter facebook
月刊秘伝WEB HOME > DVD > 究める!これが武術だ 第2巻

DVD

究める!これが武術だ 第2巻

ご購入はこちら

定価
5,400円 (税込)
収録時間
59分
発売日
2015年12月25日
[目次]

使える身体と動きを究める!
伝統の中国武術の実力とは!

表演でも、散打競技でもない、中国武術の真の実戦性──。それは流派、門派という様式・スタイルではなく、相手の動きを聴き、打(打撃)・摔(投げ)・拿(極め)の連環。究極は技を頭で忘れ、無意識に身体で攻防を表現すること。この戦闘哲学と技術を、外国人初の中国国家公認武術指導者・宮平保師範が全二巻に渡り、丁寧に指導・解説していく。技法応用編となる第二巻では、聴勁、歩法、擒拿術、連環の技法など、第一巻で身に付けた身体と動きを対人にどのように活かしていくかを学ぶ。

■聴勁 -- 敵の動きと意識を感じ取る
●単手での練習〈基本〉(段階1:腹部への打ちを防御する 段階2:腹部→顔面への打ちを防御する) ●単手での練習〈変化〉(段階1:逆側での捌き 段階2:同側での捌き〈外〉 段階3:同側での捌き〈内〉) ●双手での練習(段階1:攻防を分ける 段階2:自由に攻防する) ●聴勁の攻防の特徴について

■歩法(交叉) -- 位置取りと身体の一致
●三才歩からの技法(突きの技法 肘打ちの技法 鎖喉法 前腕の打ちの技法 頸部への擒拿術膝蹴りから擒拿術) ●反三才歩の捌き(振り打ちに対して 直線的な蹴りに対して 遠心力を用いた蹴りに対して 武器を持った相手に対して)

■靠の練功法 -- 当たりの力をつける
(小臂靠:前腕の当たり〈定歩〉 小臂靠:前腕の当たり〈活歩〉 胸部靠:胸からの当たり 背部靠:背中からの当たり 大腿靠:大腿からの当たり 全身靠:全身を使った当たり 靠を用いた技法例)

■力の出し方 -- 「勁」について
(弾勁...バネが弾くように打ち出す発勁法 抖勁...身体中心線から震えるようにして力を生み出す発勁法 抖勁を用いた弾勁〈摔掌〉)

■擒拿術 -- 骨格・筋肉・ツボを攻める
●擒拿術の技法(金糸纏腕〈内転〉 金糸纏腕〈外転〉 屈肘圧腕 跪地求情 差背反掌 挟腕纏肘鎖喉 挟肘折腕 抓指圧掌から天王托塔 擒拿術の連環例) ●擒拿術の練功法(抓沙袋:砂袋で一瞬の力の集中を鍛える〈単独/複数〉 対人抓腕練功法:両手で交互に掴む/前の手で連続して掴む/後ろの手で連続して掴む 壺を用いた練功法:指の力を鍛える 指尖功:指先の力を鍛える)

■連環技法 -- 倒すまで途切れずに展開する
(連環技法例1、2、3、4、5:蹴りへの対応〈一〉、6:蹴りへの対応〈二〉)
●打・摔・擒拿の連環(連環例1、2、3)

著者プロフィール

指導/監修 ◎ 宮平保 (みやひら たもつ)
64年沖縄県生まれ。10歳より沖縄伝統空手を学ぶ。20歳で中国・武漢体育学院に武術留学する。中国武術界の重鎮・温敬銘老師に師事、5年の学習を経て外国人初の中国国家公認武術指導者となる。帰国後、天行健中国武術館を主宰、沖縄を拠点に伝統中国武術を指導。沖縄空手を始め、他武道との交流も多い。 演武協力 ◎ 山城忍 福地雄太朗 島佳己 西澤治 砂川敏博 大迫慎一郎 協力 ◎ 天行健中国武術館総本部
  • 極真会館 六本木道場$
  • 沖縄空手会館$
  • グレートジャーニー$
  • 覇天会$
  • 活殺自在塾$
  • 中達也DVD$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

"ひざしばり寝るだけ"全身改善メソッド

ひざをしばって寝るだけ、
座るだけで、
全身の血行が良くなる!

7つの秘訣で膝痛解消!

つらい痛みがラクになる!
自分でできる膝痛対策!

DVD

松涛館流空手道型・順路

全日本強化選手を多数輩出!
組手と形で結果を出す、松涛連盟の強さの秘密。

秘伝!合気下げ

伸びる力(伸筋制御)+重さを変化させる(重力制御)。
重さを技にする達人技、“落とす技術”を惜しみなく公開!

文字サイズ 文字サイズ中文字サイズ大
ページの上部へ