月刊秘伝WEB HOME > BOOK > 悟りのプロセス 人生で前に進むための「瞑想力」の身に付け方

カテゴリー別で探す


Warning: include(/home/hiden/www/contentsinfo/include_issue.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/hiden/www/book/category/yoga/book103.php on line 49

Warning: include(): Failed opening '/home/hiden/www/contentsinfo/include_issue.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/hiden/www/book/category/yoga/book103.php on line 49

BOOK

悟りのプロセス 人生で前に進むための「瞑想力」の身に付け方

ご購入はこちら

定価
1728円
著者名
成瀬 雅春
判型
四六判
頁数
192貢
[目次]

いかに「悟り」へと到達するのか?
実践的な立場から、そのプロセスを解き明かす!

瞑想して眼を開け!
物事の本質を見極めるには、集中して精神を研ぎ澄まし、深く洞察する力が必要不可欠。
その力こそが、悟りへ至る過程(プロセス)で身につく「瞑想力」である!

いかに「悟り」へと到達するのか?
実践的な立場から、そのプロセスを解き明かす!
瞑想は、社会人にとって「必須」といっても言い過ぎではないぐらい大切な技能です。そして、悟りへ向かうプロセスの中で身につく瞑想力(集中力、精神力、判断力、洞察力)は、人生で悩んだり、壁に阻まれたりしたときに、飛躍的に前進させる助けになり、人生を楽しく豊かなものにしてくれることは間違いありません。

収録内容

第1章 悟りに至るまで
1.悟りとは ──贅沢も釣りも悟り?
2.悟りに至る段階 ──サマーディは八番目
3.サマーディ体験 ──悟りは事故?
4.非暴力は難しい ──修行の最初なのに?
5.集中力のいろいろ ──一瞬から長時間まで
6.瞑想は集中から入ろう ──いきなり瞑想してもダメ
7.悟りへ向かう ──テーマ次第で真理が得られる
8.悟っても終わらない──解脱は人間を卒業すること

第2章 悟りの五段階
1.悟りの第一段階 ──神様との出会い
2.私の瞑想体験 ──シヴァ神と手がつながる
3.悟りの第二段階 ──神様は見えない
4.悟りの第三段階と第四段階 ──究極の存在になる
5.悟りの最終段階 ──遠回りが近道
6.サマーディの先 ──時がくれば消滅する

第3章 悟りを得る
1.最初の悟り ──勘違いの悟りから
2.神様が消える──透明人間は見えない
3.宗教から離れる悟り ──破戒僧と異端者
4.悟りは説明不能の領域へ ──それでもコントロールできる
5.睡眠と似た無想三昧 ──自然に訪れる悟り

第4章 確かな集中法
1.自分で自分は見えない ──目を閉じる確かな集中
2.マブタの裏の奥行きと拡がり ──悟りの準備運動
3.集中ポイントに向けて呼吸する ──集中ポイントを自在に操る
4.体内旅行 ──五十四ヵ所を巡る
5.焦点を合わせる集中 ──視力もアップ

第5章 意識の拡大法
1.悟りは素敵な体験 ──理論と実際は違う
2.意識を拡大する ──宇宙いっぱいに拡げよう
3.呼吸の行方を追う ──体内空間は無限に拡げられる
4.アーカーシャ・マーラー ──ライフワークで数珠を作る
5.108の意識拡大 ──マーラーで旅行する
6.イメージと意識の違い ──意識することが大切
7.瞑想のための集中 ──意識の拡大につなげる

第6章 確かな瞑想法
1.集中は瞑想の入り口 ──確かな瞑想には集中が不可欠
2.想念の観察をする ──深い洞察力を身につける
3.瞑想の深いレベルへ向かう ──観察の途切れに気付く
4.魔境の対処方法 ──瞑想を中止するテクニック
5.会話観想法 ──親しい人と会話する
6.室内観想法 ──自分の部屋を思い出す
7.夢見観想法 ──夢をコントロールする

第7章 確かな悟りへ向かう
1.悟りの第二段階 ──意識しないテクニック
2.分析的に認識するテクニック ──思考を介在させないで見る
3.引き算の瞑想 ──消すための材料探し
4.悟りの第三段階 ──究極の存在という手がかり
5.プラーナについて ──根源的生命エネルギー
6.タンマートラ ──私が瞑想で得た究極の存在
7.ビンドゥ行法 ──動き回る点を自在に操る
8.究極の悟り ──ゴールの先にゴールは無い
9.宇宙は変化し続ける ──太陽信仰の先へ向かう
10.洞察力が発見を生む ── 不変化を求めるというぜいたく
11.真理は一つ ── だから語ることも書くこともできない

著者プロフィール

成瀬 雅春


ヨーガ行者、ヨーガ指導者。1976年からヨーガ指導を始め、1977年2月の初渡印以来、インド、チベットなどを数十回訪れている。地上1メートルを超える空中浮揚やクンダリニー覚醒技法、系観瞑想法などを独学で体得。2001年、全インド密教協会からヨーギーラージ(ヨーガ行者の王)の称号を授与される。成瀬ヨーガグループ主宰。倍音声明協会会長。朝日カルチャーセンター講師。


  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

極めた真の空手へ!

70代で最も強くなれる!
“柔の術理”を含む究極の空手

自律神経療法の教科書

あらゆる療術家が取り入れやすいメソッド!

DVD

極意!合気投げ

もっとも実戦的と言われる<合気投げ>の極意を
石橋師範がついに公開!

合気道を究めよう 第一巻

強く美しい武道の動きを学びたい方へ。

しなやかな動きと技の可能性を探究したい方へ。

Facebookフォロワー数11万人以上の人気合気道家、初の技法集です。