月刊秘伝WEB HOME > BOOK > 武術の"根理"

カテゴリー別で探す

BOOK

武術の"根理"

ご購入はこちら

定価
1,540円 (税込)
著者名
中野由哲
判型
A5判
頁数
176頁
発売日
2016年6月2日
[目次]

「肘は下に向けるべし」
すべての武術はこの原則に則っている!

剣術、空手、中国武術、すべて武術には共通する“根っこ”の法則があります。さまざまな武術に共通して存在する、身体操法上の“正解”を、わかりやすく解説します。剣術、合気、打撃、中国武術…、達人たちは実は“同じこと”をやっていた!? あらゆる武術から各種格闘技、スポーツ志向者まで、突き当たっていた壁を一気に壊す重大なヒント。これを知っていれば革命的に上達します。

●序章 すべての武術が目指すもの
 ―"自然に動くこと"の難しさ
1 速くしようとすると遅くなる!? 
2 できるはずの動きができなくなる!? 
3 その両手、動かせますか?
4 "型"は何のためにやるもの?

●第1章 全身を繋げるコツ
1 胸をゆるめる
2 "衝突"に関する一考察
3 "非衝突"でこそなせる合気技法の原理
4 "胸ゆるめ~股関節"は最強セット!
5 3つのポイント
6 股関節の重心移動
7 骨盤の使い方

●第2章 "伝わる力"を生み出すコツ
 ―肘を抜く
1 肘を抜く
2 "肘を抜く"感覚をつかむ
3 "力の質"が違う!
4 "いかに触れるか?"で全然違う!

●第3章   "ラセン"の秘密
 ―身体が本当に強い状態とは?
1 肘は下に向けよ!
2 "ラセン"の力
3 さまざまな"ラセン" 
4 サンチンに内包された力

●第4章 "添わす"感覚
 ― 合気的技法の研究
1 届かなければ意味がない!? 
2 "同一化"の技法
3 合気技法の本質
4 コントロールするには"力"よりも......
5 「合う」ということ

●第5章 "意識"の力
 ― 動きと身体を変える最深奥義
1 ココロがカラダを力ませる
2 意識には確実に力がある
3 "中"と"外"のリンケージ
4 型は意識なしにはできぬもの

●終章 "術"の交差点にあるもの
 ―"何をやってもうまくいく"はずのセオリー
1 本当に大事なものは目には見えない
2 両手は"連動"して動くもの

著者プロフィール

古伝体術心水会代表 中野由哲(なかの よしのり)
1973年生まれ。18歳の頃より、空手や中国武術(太極拳、八卦掌、心意拳など)、古武術、合気道などの各種武術を学んできた中で、その中に共通して存在する心身の運用を研鑽すべく2008年に「古伝体術 心水会」を発足する。
  • 筋整流法協会$
  • 電子書籍$
  • 広告募集$
  • BUDO JAPAN$

BOOK

一点全集中!手裏剣術で開眼

手裏剣で“予知能力”が養われる!?

脱力のプロが書いた!「動き」の新発見

読んだ瞬間から、動きが変わる!
“目からウロコ”の身体操作の知恵

DVD

本当のナンバ歩き

誤解されてきた「ナンバ歩き」の“本当”を学ぶ
画期的DVDの登場!

新隂流剣術 参學圓之太刀編

日本を代表する剣術の極意とは—
最も自由で自然な技を学ぶ

塩田剛三の合気道

植芝盛平、塩田剛三が理想とした
老若男女、誰にでもできる合気道