月刊秘伝WEB HOME > 秘伝アーカイブ > "逆手"で養う合気へ至る浸透する力

カテゴリー別で探す

秘伝アーカイブ

"逆手"で養う合気へ至る浸透する力

合気武術 柔術/体術 2015年11月号

日本柔術特有の関節技法の精緻

合気錬体会 有満庄司

"関節技"といえば、日本の古流柔術こそ、まさに「お家芸」といっても差し支えない、代表的な技法群だ。中でも、複雑怪奇な人体オブジェのごとき固め技をみせる、大東流合気武術などは、日本独特ともいえる関節技の一方の極致だろう。大東流にあって"不世出の達人"としてその名をとどめる佐川幸義宗範の流れを汲む「合気錬体会」の有満庄司第二代総師範に、大東流における関節技=逆手の位置づけと、そこで育まれ"合気"にも通じる「浸透する力」の養成法をお聞きした。


DVD『絶対出来る!合気上げのコツ 第1巻』
DVD『絶対出来る!合気上げのコツ 第2巻』

本記事のダウンロードはこちら

記事をダウンロードするにはログインしてください。

登録済みの方
ログイン
はじめての方
無料登録

  • 極真会館 六本木道場$
  • 神野織物$
  • グレートジャーニー$
  • 中達也DVD$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

ウェーブストレッチリング 体幹強化トレーニング

リングが高める“内圧力”で、使える体幹力をGet!

実録 柔道対拳闘(ボクシング)

「アントニオ猪木 VS モハメド・アリ戦」
より遥か前、明治・大正期に
“最強” を求めるロマンは幕を開けていた!

DVD

古伝の剛柔流空手 第一巻

三戦(サンチン)…中から練り上げる“三つの呼吸法“
転掌(テンショウ)…相手を必ず制する“自在な小手使い”

強さの最大化

中国武術と中国思想の叡智を活かした、
本来誰にでもある能力を最大にする
“心と体の書き換え方”!