月刊秘伝WEB HOME > 秘伝アーカイブ > 自然であること・普遍であること

カテゴリー別で探す

秘伝アーカイブ

自然であること・普遍であること

現代武道 身体操作/療術 2013年6月号

特別対談
ミカエル・リャブコ×日野晃

2007年初来日セミナーの際、ミカエル・リャブコ師と日野晃師は会場で偶然出会う。本対談は、それから6年後の2013年、システマの東京セミナー後に両師が再び相見えた時のものである。6年という時間の経過とともに、システマとその四大原則「リラックス・姿勢・呼吸・動き続ける」は広く世に知られることとなったが、ミカエル師の経験と言葉で語られる四大原則は、あまりにも当たり前で自然なものであった。対談本文とそれに続く日野師の対談後記を読めば、ミカエル師とシステマの依って立つところが鮮明に浮かび上がっていくる。
「月刊秘伝」誌上で連載していた原稿を基に、加筆も加えた新刊『考えるな、体にきけ!』を2016年8月に刊行する日野師。そして、「月刊秘伝」2016年9月号にて、日本における11年の年月を特集された「ジャパニーズ・システマ」。その根っこに居続けるミカエルという存在。いまなお進化を続ける両者の邂逅、その内容やいかに!


「月刊秘伝」2016年9月号

書籍『考えるな、体にきけ!』

書籍『武学入門〈新装改訂版〉』

DVD『武道の解答

DVD『日野晃『対人技の真髄』 "関係性"の基本を知る

DVD『日野晃の武学シリーズ 武学 全3巻

DVD『日野晃の影伝シリーズ 影伝 全3巻

本記事のダウンロードはこちら

記事をダウンロードするにはログインしてください。

登録済みの方
ログイン
はじめての方
無料登録

  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

真説"戦う日本刀"

何が日本刀を、ここまで“高性能”にしたのか!? 世界に誇る日本刀の“性能”の秘密!

芦原英幸 サバキの真髄

あらゆる武道で使える、華麗な捌き。
ケンカ十段による技法の完成形!

DVD

張力の作り方

「身体内のエネルギーの通り方に目を向け、一見同じに見える動作でも今までと違った内容にする」(JIDAI)。
続々増刷の大評判書籍『張力で動く』、注目の映像化。
すきまとは、主に骨と骨の間(関節)、気道(呼吸の通路)、誰にでもあるもの。
キーワードは収縮ではなく膨張です。

ロシア武術システマ 触れずに倒す

自信に満ちた動きが、相手に恐怖を呼び起こす。