月刊秘伝WEB HOME > 秘伝アーカイブ > "あたりまえのカラダ"で得る全身の連動性

カテゴリー別で探す

秘伝アーカイブ

"あたりまえのカラダ"で得る全身の連動性

身体操作/療術 2013年9月号

岡田慎一郎(「古武術介護」提唱者/理学療法士・介護福祉士)

そもそも我々が毎日、日常の中で「あたりまえ」に使っているこのカラダ。しかし、その「あたりまえ」の"中身"に意識を向けることがあっただろうか? 「古武術介護」の通称で一躍注目を集め、理学療法士・介護福祉士として"いかに効率よくカラダを使うか"を研究、実践する岡田慎一郎氏に、見過ごされがちな「あたりまえのカラダ」に秘められた"動きのあたりまえ"について紹介いただいた。


DVD『古武術式 あたりまえなカラダの使い方』
DVD『古武術式 立つ、座る、歩く あたりまえなカラダの使い方2』

本記事のダウンロードはこちら

記事をダウンロードするにはログインしてください。

登録済みの方
ログイン
はじめての方
無料登録

  • SP:腱引き$
  • SP:BUDO JAPAN$
  • 電子書籍販売$
  • バナー募集$

BOOK

即効回復のための「ケガ学入門」

“コンセプト”が間違ってると治るものも治らない!

意識ヨーガ

自分の体と動きを観察するだけで、
いつも冷静に考え、行動できる!

DVD

ロシアの護身格闘術 システマ超入門

年齢・運動経験は不問。
困難な状況でも生き残るための体の心の訓練法です。

体の仕組みを使う全介助技術集

力ではなく、使うのは「体の仕組み」です。
ですから「腕力のない女性」でも、大きな人を持ち上げられます。